テーマ別研究会履歴

第13回テーマ別研究会のお知らせ

会 期:
2015年12月19日(土)12:55~16:20
テーマ:
研究のありかた
 
■研究入門:疫学研究を中心に
中山健夫先生
 
■質的研究とミクスドメソッド/公正な研究活動
宮崎貴久子先生
会 場:
跡見学園女子大学 文京キャンパス2号館 4階 M2401教室
(東京メトロ丸の内線 茗荷谷駅下車3分)
地図
会 費:
会員:1,000円、非会員:6,000円、学生:1,000円

第10回テーマ別研究会のお知らせ

会 期:
平成25年6月15日(土) 午後2時00分から5時00分
テーマ:
いじめを教育と医療の視点から考える
 
■教育からみたいじめとその対応
山口豊一先生(跡見学園女子大学)
 
■医療からみたいじめとその対応
奥山眞紀子先生(国立成育医療研究センター)
会 場:
跡見学園女子大学 文京キャンパス 2号館6階 M2607教室
(東京メトロ丸の内線 茗荷谷駅下車3分)
地図
会 費:
会員:2,000円、非会員:3,000円、学生:1,000円

第9回テーマ別研究会

会 期:
平成24年8月19日(日) 午後3時30分から5時30分
テーマ:
応用行動分析学 -基礎と実践-
講  師:
奥田健次先生(行動コーチングアカデミー 代表/学校長)
会 場:
国立成育医療センター 2階セミナールーム
会 費:
会員:2,000円、非会員:3,000円、学生:1,000円

第8回テーマ別研究会

テーマ:
職種でのケース検討会の工夫
日時:
平成22年12月11日(土) 13時~16時
場 所:
跡見学園女子大学 文京キャンパス 2号館 4階 M2405教室
講  師:
山口豊一(跡見学園女子大学文学臨床心理学科教授)

第7回テーマ別研究会

テーマ:
動機づけ面接の基礎と実践 ~抵抗を変化に変えるコミュニケーション
日 時:
平成21年10月3日(土) 15時~18時
場 所:
国立成育医療センター研究所2Fセミナールーム21・22
講 師:
原井宏明(なごやメンタルクリニック院長、平成22年度日本行動療法学会会長)
座 長:
松嵜くみ子(跡見学園女子大学教授)

第6回テーマ別研究会

テーマ:
子どもを喫煙による被害から守るために
日時:
平成20年4月19日(土曜日) 13:30~18:00
場 所:
国立成育医療センター研究所 セミナールーム21、22
講  師:
原田正平先生(国立成育医療センター研究所成育医療政策科学研究室長)
タイトル:『わが国におけるタバコの広告、販売促進及び後援(スポンサーシップ)の実状-青少年の喫煙開始防止対策を阻害するもの-』
中川恒夫先生(青山病院小児科部長・子どもをタバコから守る会愛知・世話人代表)
タイトル:『禁煙環境の実現に向けての活動』
高橋裕子先生(奈良女子大学大学院基盤生活科学科教授)
タイトル:『包括的アプローチ(薬物療法・認知療法・行動療法を含む)による禁煙のコミュニティ支援』

第5回テーマ別研究会

日時:
平成18年10月7日(土曜日) 13:00~16:30
場 所:
国立成育医療センター研究所 セミナールーム21、22
講  師:
恒松由記子先生(順天堂大学小児科客員教授・成育医療センター小児腫瘍科客員研究員)
タイトル:『子どもの心・体・環境を考える研究-ポストゲノム時代の方向性』
小林正子先生(国立保健医療科学院・生涯保健部 行動科学室長)
タイトル:『子どもの成長を見守りながら異常を見つける』

第4回テーマ別研究会

テーマ:
児童・思春期の問題と不登校はこう解決する!
日時:
平成18年6月24日(土曜日) 13:00~16:30
場 所:
国立成育医療センター研究所 セミナールーム21、22
講  師:
宮崎恵美先生(東洋英和女学院 中等部 養護教諭)
タイトル:『保健室での実践活動』
長谷川智子先生(清真学園高等学校・中学校 体育教師 教育相談室長)
タイトル:『教育相談室での実践活動』
奥田健次先生(桜花学園大学人文学部 准教授・臨床心理士)
タイトル:『不登校にしないためのアイデア』

第3回テーマ別研究会

日時:
平成17年4月16日(土曜日) 14:00~18:00
場 所:
国立成育医療センター研究所 セミナールーム21、22
講  師:
山田冨美雄先生(大阪人間科学大学人間科学部人間環境学科教授)
タイトル:『医療現場で役立てたいストレスマネジメント教育の考え方と実際』
長谷川智子先生(清真学園高等学校・中学校 体育教師 教育相談室長)
タイトル:『教育相談室での実践活動』
宮尾益知先生(国立成育医療センターこころの診療部発達心理科医長)
タイトル:『軽度発達障害への具体的対応』

第2回テーマ別研究会

日時:
平成16年3月13日(土曜日) 14:00~18:00
場 所:
東京医科歯科大学(地下一階臨床第二講堂)
講  師:
中山健夫先生(京都大学大学院医学研究科助教授)
タイトル:『医療現場で役立てたいストレスマネジメント教育の考え方と実際』
長谷川智子先生(清真学園高等学校・中学校 体育教師 教育相談室長)
タイトル:『研究方法立案ベーシック-「疫学を中心とする研究のデザインと倫理」』
津田 彰先生(久留米大学大学院心理学研究科教授)
タイトル:『質的研究パート2-「テキスト型データ解析の進め方:量的研究と質的研究のインターフェイス」』

第1回テーマ別研究会

日時:
平成14年2月23日(土) 15:00~18:00
場 所:
昭和大学医学部付属病院 中央棟7階 研修室
講  師:
小田博志先生 (北海道大学文学部大学院文学研究科 歴史文化論講座 准教授)
タイトル:『医療現場で役立てたいストレスマネジメント教育の考え方と実際』
長谷川智子先生(清真学園高等学校・中学校 体育教師 教育相談室長)
タイトル:『ナラティブ志向の質的研究-「がんの自然寛解」の研究プロセスを例に』
津田彰先生 (久留米大学 文学部人間科学科 教授)
タイトル:『質的研究-その概要と保健医療分野における価値』

夏季特別公開講演会

日時:
平成12年7月24日(月) 18:00~19:30
場 所:
昭和大学医学部4号館2階201号教室
講  師:
飯倉洋治先生(昭和大学医学部小児科教授)
タイトル:『アトピー性皮膚炎患者のドルフィンセラピー』
長谷川智子先生(清真学園高等学校・中学校 体育教師 教育相談室長)
タイトル:『ナラティブ志向の質的研究-「がんの自然寛解」の研究プロセスを例に』
Prof. Hywel Williams (Department of Dermatology, Queens Medical Center, University Hospital, Nottingham, UK)
タイトル:『Atopic dermatitis : Why the environment holds importantclues』

理事長   横田雅史
事務局長   松嵜くみ子

事務局
跡見学園女子大学文学部
臨床心理学科内
〒352-8501
埼玉県新座市中野 1-9-6
電話 048-478-3477
ファックス 048-478-3475
メール info@jshsc.jp